イメージ画像

最新情報

2011年7月20日mail
[GWA] Auto Responder の設定例
2011年7月19日mail
ワードプレスでステップメールを使う
2011年7月15日mail
ワードプレスでも、ステップメールが出来る
2011年7月4日未分類
ちょっと反省 m(__)m
2011年6月22日はじまり
初めてワードプレスを使うには

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ひらりと「めくれる」ページ

ひらりとめくれるページのアクションが、有料で売られている見たいですね。

しかし、探せば無料で実現出来ます。

googleで、「めくる プラグイン」とか「めくれる ページ」とかで沢山ヒットします。

 

その中で着目したページは、サイトの上隅に「めくれ」を実現するWordPressプラグイン・Pageear

です。 有り難う御座いました。

 

 

実験をしたサンプルサイトは、「http://taokato.info/jishin/」これです。

実はこのサイト、震災ネタのブログを立ち上げて見たものの、気が向かなかったので今では、実験検証サイトになっています。 

 

作り方

  1. Pageearのサイトからダウンロードします。
  2. プラグイン → 新規追加 で、ダウンロードをしたZIPファイルをアップロードします。
  3. プラグインを、有効化します。
  4. 初期設定をします。

 

注意点としては、画像の大きさを厳密に同じにすることです。

Kleines pageear Bild (jpg, 100×100 Pixel)」とか書いてありますので、

これに従わないと画像を受け付けてくれません。

 

難点としては、表示が重くなることでしょうか。

 

今回は、比較的簡単なプラグインでの実現でした。

他の方法としては、外観テンプレートを改造して実現させて行う方法も在るようです。

タグ

Youtube プラグイン

WP Ver.3.1.2jaで、Youtube プラグインが動くかどうかの検証をした。

試したのは、

  • Smart Youtube
  • EasyTube

以上、2本。

 

結果としては、どちらも動かずプラグインのコード([???])だけが表示されていた。

 

Youtubeの「埋め込みコード」を使えばアッサリと動くので、わざわざプラグインを使うまでも無いかも知れません。

タグ

2011年5月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:プラグイン

テンプレートで使う画像の保管場所

マルチサイト化をしても、サイトで使うテンプレートは別々に表示出来る。

つまり、複数のテンプレートを各テーマに沿って表示出来ます。

 

では、画像はどうか?

 

テンプレートで使う画像も同じです。

この図は、賢威テンプレートで使う画像の保管場所を示している。

themes > テンプレート名 > images

画像を、この場所に保存すれば「外観 > ウィジェット」から読み出すことが出来る。

タグ

相互リンクの簡略化 : WordPress Link Directory

今回、紹介するのは、「WordPress Link Directory」です。

 

編集ページに、「[wplinkdir](全角を半角にする) 」を貼ると

リンク専用のページを作

タグ

2011年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プラグイン

アクセス解析i2iを追加する

ワードプレスの外部でアクセス解析をする場合、

各サービスの「アクセス解析タグ」をブログに貼ることになる。

賢威テンプレートを使った場合は、フッターに「アクセス解析タグ」を追加します。

 

追加したi2iのパーツは、この様になります。

右下に、i2iのパーツが貼り付けてありますよね。

では、この貼り付け方を解説します。

 

i2iのタグ発行は、様々な所で解説されていますので

此処では割愛をさせて頂きます。

 

i2iのサイトからタグを発行されると、この様になります。

これを、外観 → テーマ編集 → フッター (footer.php) に埋め込みます。

ファイルのコメント文に、「フッターバナー」が在ります。

埋め込む場所は、此処になります。

 ↑これは、i2iを追加した後のコードです。

 

追加する場所は、</ui>の直前に<li>と</li>を追記し、

<li>と</li>との間にi2iのタグを追記します。

ファイルを保存して、終了です。

 

動作確認は、i2iの管理画面の信号で行います。

 ← これね。

 

 

注意

この方法は、マルチサイト化をしていない方法です。

しかし、手順の違いは在れ度、似通った手法になるはずです。

タグ

このページの先頭へ