データをアップする

アップするをするときは、通常、圧縮して行う。

転送時間の短縮する目的と、データの溢れを防止するためです。

 

今や、通信速度は向上しています。

あっと言う間に大きなファイルを転送できます。

しかし、転送している間の時間を占領されていますので、

サーバーにアップする時は圧縮したほうが好ましい。

 

WPのテンプレートは、圧縮した状態でも認識してくれるので

ローカルで圧縮してからアップするのも一つの方法です。

タグ

2011年3月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:アップデート

このページの先頭へ