テンプレートを改造する時の手法

テンプレートを行き成りいじり倒して

動かなくなったという経験がお有りなら、別の何等かの手法を確立しなければ成りません。

レンタルサーバーによっては、データベースを一つしか於いていないため

WPを複数共有している場合もあるだろう。

そうなってくると、最悪の場合、他のブログに影響しかねない。

 

理想型は、孤立した状態で他に影響を与えない事だろう。

 

開発の仕事をしていると、こういった場面をよく見かける。

では、どうしたら善いのか?

 

ローカルPCにサーバーを立てて動作確認をする方法になるだろう。

これには、デメリットもある。

  1. サーバーの状態と、全く同じではない。
  2. 全て自己責任になるので、トラブルシューティングも自分で行う事になる。
  3. 当然、サーバーの設置も自分で行う。
  4. ある程度の知識を必要とする。

しかし、デメリットを克服した分の見返りはある。

  1. 新しい発見を得られる。
  2. スキルアップ
  3. 本番サーバーを壊さなくて済む。

メリット、デメリットを勘案した上で検討をして頂きたい。

 

やり方は、大変かと思いきや↓

WordPressをローカル(PC)で動かす方法

ここに、そのやり方が書いてあった。

参考にさせて頂きます!

タグ

2011年4月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:テンプレート

このページの先頭へ