マルチサイト化でのプラグイン不具合

先回、マルチサイト化によって、これ(↑)が出る事を伝えた。

今回は、これの対処法をトライしてみる。

 

上図の2行目は、「一旦、プラグインを仕直せ」といった旨の一文がある。

「サイトネットワーク管理者」の画面でプラグインを無効にすれば、それぞれのサイトで個別にプラグイン出来るようになる。

この図は、「サイトネットワーク管理者」の画面です。

此処で、「ネットワークで有効化」と表示されれば、「参加サイト」でプラグイン出来るようになる。

逆に、「ネットワークで停止」と表示されると、「参加サイト」ではプラグインを表示されなくなる。

 

個別のサイトでプラグインを設定すれば、エラー表示を消す事が出来る。

 

但し、

個別でプラグインをする事になるから、アップデートの時も個別で行う事をお忘れ無く。

タグ

2011年4月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:マルチサイト化

マルチサイト化で不具合になったプラグイン

これは、マルチサイト化したあとに作ったサイトの管理画面です。

此処にあるように、マルチサイト化に因って引き起こされたプラグインの不具合です。

 

「WP-SlimStat-Exを更新する必要があります」と、ありますが

更新をクリックした所で改善しません。

この場合は、外部のアクセス解析(i2iなど)を代替えした方が良さそうです。

 

これらの事を勘案すれば、マルチサイト化によって共有した方が善いプラグインと

そうでないプラグインがあるようです。

 

サイトを作成するに当たり、考慮する必要性が在りそうです。

タグ

2011年4月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:マルチサイト化

プラグインの相性

個々のプラグインは、動作テストをしっかりと行っている。

その上でリリースされている筈。

 

しかし、偶にではあるが、思わぬ挙動をする事がある。

過去に導入したプラグインとの相性が悪かった所為で

思わぬ動作不良をする。

 

こういう時は、動作中のプラグインを一つずつ止めて

その原因を特定しよう。

 

もし、原因を特定出来たら、そのプラグインを削除するか

入れ直して様子を見てみましょう。

 

プラグインにも相性がある様です。

 


エントリーにプラグインする5 秒前 / takamorry

タグ

2011年4月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:プラグイン

このページの先頭へ