WP データベースをバックアップする

ワードプレスは、データベースやプラグインといったファイル群が一体となって

Webサイトを形成しています。

 

バックアップの必要性は、万が一に備えて行います。

そして、データベース側とファイル群側の両方でバックアップを行う必要性が有ります。

 

ファイル群側のバックアップは、FTPクライアントなどでWordPressをインストールしてあるディレクトリを丸ごとダウンロードすればOKです。

 

しかし、データベース側は少々やっかいです。

MySQLを、Webブラウザーで操作出来る「phpMyAdmin」がサーバーに用意してあれば、

バックアップデータを取り出す事が出来ます。

 

しかし、もっと簡単に出来ないかなぁ〜。

探してみると、「WP-DB-Backup」が有りました。

参考URL http://blog.btmup.com/wordpress/wp-db-backup.html/trackback

インストール方法は、何時も通りなので割愛します。

 

バックアップ方法の設定は、ツール > バックアップで行えます。

日本語表示をしてくれますので、楽に設定出来ます。

 

DSCN4777
Creative Commons License photo credit: contri

タグ

2011年4月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:バックアップ

データをバックアップする

ブログのフォームに手を加える前に、バックアップしておきましょう!

 

私は、何も知らずにテンプレートに手を加えたため

もの凄い時間のロスを食らってしまった。

それだけではない。

編集中の記事をアップしようとして、いざ、公開ボタンを押下した所

白紙表示! ;(

 

どうなってんねん

 

調べて見た所、編集プラグ「Dean's FCKEditor For WordPress」が壊れていた。

WP怖いですよね・・・

 

 

と言う事で、外観のバックアップ方法です。
バックアップは、手動で行います。

方法は、
(1)アップロード済みのファイルを
   全てPCのローカルフォルダにダウンロードする
(2)WP管理画面のサイドバー>ツール>エクスポートから
   エクスポートファイルをダウンロード

して、定期的にフォルダに保管しておきます。

これで記事と各ページの設定が保存できます。
テーマ編集でphpファイルなどを編集する前には

必ず行って下さい。

 

最後に

慎重にやってくださいね!

タグ

2011年4月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:テンプレート

このページの先頭へ