初めてワードプレスを使うには

初めてワードプレスを使う方もいるかも知れない。

そう思い、記事を書くことにした。

 

ワードプレスは、外観や機能等をプラグインで賄っている。

そして、ブログで書いた記事はデータベースに保存されている。

こうすることで、外観が変わったとしても、記事は元通りに再現される。 → 柔軟性があるということです。

 

ワードプレスは、柔軟性に優れているのでショッピングサイトなんかでも作れたりするんだ。

逆説的にいえば、立ち上げ時にプラグインをインストールする作業が発生するので、取り掛かり難いかも知れない。

 

前置きは、これぐらいにして簡単なワードプレス立ち上げ手順を挙げてみる。

  1. 先ず、レンタルサーバーを借りる。
  2. 機械音痴を豪語する方は、さくらレンタルサーバーなど簡単なインストールが出来るサービスを選ぶとよいでしょう。
  3. ワードプレスをダウンロードしたい場合は、http://ja.wordpress.org/releases/ から最新版を仕入れてください。
  4. インストールを終えたら、環境を整えます。
  5. 外観は、テンプレートを取り寄せてセットします。
  6. 次に、プラグインを入れます。
  7. 微調整をします。
  8. 後は、記事を書くだけ。

 

慣れるまでが大変ですが、使ってみると快適です。

ワードプレスの書籍を仕入れて、試しながら立ち上げるといいでしょう。

お勧めの本は、こちら。

タグ

2011年6月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:はじまり

ショッピングサイトをつくるには

ワードプレスでショッピングサイトを、作る方法があるようなので探しています。

検索キーワードを、「wp プラグイン もしも」とした。

「もしも」というのは、もしもドロップシッピング・サイトの事ね。

 

(2011/06/15現在)

無料で配られている所は、http://wp-moshimo.com/sc/ ぐらい。

有料版は、http://wp-moshimo.com/ で売られている。

 

と言うことで、無料版をダウンロードしてみた。

アンケートに答えないとダウンロード出来ない仕組みのようです。

 

送られてきたメールには、ダウンロードURLとパスワードなどが書かれていた。

後は、ダウンロードをしてプラグインすれば良いはず。

今回は、時間切れなので続きは次回へ・・・

タグ

Syntax Highlighter Compress

「Dean’s FCKEditor for WordPress plugin」では、「Syntax Highlighter for WordPress」に適合しないようです。

「Syntax Highlighter Compress」、「Auto SyntaxHighlighter」、「WP SyntaxHighlighter」などが<pre>タグでマークアップする方法をサポートしていますので、こちらで検討をした方がいいかも知れません。

次の表示は、「Syntax Highlighter Compress」をプラグインした結果です。

  <?php
    $input = array("Neo", "Morpheus", "Trinity");
    $rand_keys = array_rand($input, 2);
    echo $input[$rand_keys[0]] . "\n";
  ?>

タグ

このページの先頭へ