データをアップする

アップするをするときは、通常、圧縮して行う。

転送時間の短縮する目的と、データの溢れを防止するためです。

 

今や、通信速度は向上しています。

あっと言う間に大きなファイルを転送できます。

しかし、転送している間の時間を占領されていますので、

サーバーにアップする時は圧縮したほうが好ましい。

 

WPのテンプレートは、圧縮した状態でも認識してくれるので

ローカルで圧縮してからアップするのも一つの方法です。

こちらの記事もあわせてどうぞ

  1. さくらインターネットにワードプレスを設置する
  2. パーマリンクとは
  3. 賢威を使った模様替え
  4. 投稿 – 編集エディタを使いやすく
  5. Photo Dropperとは

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ